FC2ブログ

やっぱり楽しいフェス2日目!そしてゲン担ぎの背景

2018.12.13(10:46)
八田政樹2




冬フェスの様子です !

とりあえず遭遇した友那代表と、近くにいたマサキくんとの3ショットから開幕しました。

のちのち会場の様子をアップしますのでよろしく!

来てくれた方、本当にありがとうございました。


ところで、昨日の、金持ちのゲン担ぎの話だけれども、もっと掘り下げてみよう。

僕らの業界はを例に考えてみる。

毎年、何万何千という若手が挑戦してくるが、

3年後に生き残っている人数はわずか数%といわれる。

このレースには、100人が参加して数名しか生き残らないほどシビアな世界で行われているのだ。

こんなシビアな勝負の世界に生きていると、

全力で仕事をこなすこと、万全の対策をすること、極限まで知識を詰め込むことなどは当たり前だ。

もはやそんなレベルでは差がつかない。

このゲームに参加しようなんて意気込みの人間は、そのほとんどがそうしている。

けれども、全員が全力投球したって、生き残るのはどのくらいだろう?わずか数名なのだ。

そうなれば、「運」というものがどれほど力強くありがたいものなのか、

身にしみて実感できるようになる。

成功者で「ゲンを担ぐ」タイプが多い理由には、こういった背景があるのだ。

是非、みなさんも今日から神社参りをしてほしい!





八田政樹フェス
来年もよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

冬フェスで酔っぱらう! ゲン担ぎの意味とは

2018.12.12(10:37)

俺の中では、もはや風物詩となっているテキーラおっさんのドリーム道明寺とも会えましたw

この人のせいで、何人も酒の犠牲になっています。

いつもご馳走様でございます。


さて、華代表との面会を経て、今日考えたこと。それは

ゲン担ぎについて。

金持ちになる人って、「ゲンを担ぐ」人が多いように思える。

もちろん、努力をしているし勉強もしているんだけど、

その他の要因を、運まかせにするタイプが多い。

どちらかというと緻密にプランを練る人にこそ、ゲン担ぎが多い。

計画的に着々と事を進めてる人も、

最終的には「ゲンを担ぐ」ことには真剣になったりしている。

それは、実力勝負を真剣に行っている人ほど、運がどれほど大切かが分かってくるものだ。

金持ちになれる人が、神頼みなんて発想になるのは、

「運の大切さ」というものを本能的に知っているからである。
 





八田政樹
華代表と
独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

正しい金の使い方ってなんだろう。金持ちにとって消費とは何か?

2018.08.21(21:45)
では金持ちの「偏った金遣い」とか何なのか。


僕がこれまで接してきた金持ちの中には


とにかく散在する方々だっていた。


派手に消費することに人生をかけているような人たちだ。


なんでそんなに派手につかうんだ・・・なんてもったいなく思っていたものだが、


そこには意味があるのだ。


フェラーリを乗り回し、タワーマンションに住んで、


ブランド物を身にまとっている彼らであっても、


そこには彼らなりの理由があって消費をしている。
 

あるホストオーナーの方は、ニューヨークに高級マンションを所有している。


その方は、どんなに忙しくてもなんとか時間をやりくりして


月に一度は高級マンションがあるニューヨークに行くという。


成田では特別ラウンジで一服したあと、飛行機のファーストクラスに乗り、


多忙の毎日を忘れることにしているという。


その瞬間、「俺はなんて充実しているのだろう」と感じるそうだ。


ニューヨークに到着して自分のマンションから街並みを眺めると、


世界の中心にいるという気持ちが沸き起こり


さらにモチベーションが上がって仕事を頑張ろうという気になるという。


この方にとってニューヨークの住宅はリラックスして嫌な仕事を忘れるところなどではない。


最先端の街に来て、今まで以上に仕事をする気を起こしているのだ。 




つまり、金持ちにとっての「消費」とは「仕事への燃料」なのだ。




八田政樹
やっぱり今夜も、酒がガソリン!
独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

金持ちはケチなのか?それとも金を使うのか?

2018.08.20(15:28)
ぼくは職業柄、これまで多くの金持ちさんと接してきた。


そして思うに、彼らはみんな、「ケチ」だ。


これまで関わってきた多くの金持ちの人は無駄な金を使わなかった。


でもそれは、何でもかんでも出費を抑えているなんてことではない。


きちんと使うべきところには使っているのだ。


それはつまり、自分が使う必要がないと思うところには1円も払わない代わりに、


これは自分に必要だと思ったとことには何の迷いもなく大金を投じるということ。


要するに、


金持ちの人は「どこに金を使うべきか」という感覚が普通の人とは違うのだ。


そしてその部分を一般人が見ると「ドケチじゃん!」なんてことになってしまう。



八田政樹
酒には金を使ってしまう・・・


独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

お金持ちのみなさん! 自動車を持つって正しいの?

2018.08.14(19:51)
みなさんは自動車がほしいでしょうか。


世間的には自動車が必要、なのではなく「欲しい」といって買う人が多い。


でもよく考えてください。


自動車とはたいへんな金喰い虫なのです。


本体の購入費用がかかるのは承知でしょうが、


都市部に関して自動車をもつということは


駐車場代、税金、ガソリン、保険、車検など、


乗らなくても保有しているだけで様々なコストがかかるのです。


必要なときにタクシーやハイヤーを調達したり、


レンタカーを利用した方が金額的には圧倒的に安い。


それでも自動車を多くの人が購入するのはなぜなのか。


それは、やはり自動車が「欲しい」からなんですよね。


自動車にまとわりつく魅力はたくさんあります。


ブランド、利便性、ファッション、資産・・・


これらは正しい選択なのでしょうか。


DlHDkYDUUAAwkTw.jpg
釣りに行ったがレンタカー!
独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

八田政樹

Author:八田政樹
1994年生まれの24歳。

一浪して明治大学法学部に入学するも

大学1年の時に20歳で

水商売(ホスト)の世界に飛び込み

歌舞伎町でのホスト生活がはじまる。

大学を中退して本格的に

歌舞伎町の大手ホストオーナーと顧問契約を交わし

独自のメソッドを使い最高月収800万を稼ぐ。

その後「こんな生活はもたない」と思い

水商売に終止符を打つ。

現在は都内でバーテンとしてひっそりと生きる。

夢はイタリアバールの自分のお店を持つこと。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ