FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

金持ちに見られたければ、時計を買え!

2018.09.01(09:58)
金持ちかどうかは別として、


「金持ちに観られるかどうか」は重要なビジネスチャンスを生む。


「稼いでいる感じ」はなんか胡散臭く感じるだろうか?


実際はそんなことはない。現実に目の前の人間が金持ちなのは


相手を信用する上でかなり大きなポイントになりうる。


であるならば、金持ちらしさには意味がある。


以前の記事で、金持ちは時計に金をかけると書いた。


それについてかなり反響があったのでもう一度復習しておきたい。


金持ちの人はやたら時計に金をかけているわけだが、


これは「金持ちは時計を見れば分かる」という問題なのではなく、


多くの人が(特に金持ちは)時計こそが


「相手が本当に金持ちなのか決める材料」なのだ。


靴はあまりその対象とならないの。それは目線が下にいくので


見にくいという理由と、ブランドの判別がすぐには難しいからだ。


高級時計をすれば金持ちに見られるのは普遍的な事実だ。


だから、金持ちに見られたければ、高い時計をすればよいのだ。


では極端な話だが、偽物でもOKということになるのだろうか。


それではあまり効果がないのではないか?とも思うだろう。


だが、金持ちたちの理由はそんなことではない。


時計をチェックした人にその理由を聞くとそうではないことがよくわかった。


「偽物はわかりますよ」 


「偽物をつけているというメンタルはその人を下げる」


まわりから金持ちに見られたいのであれば、


まず時計に金をかけるのは合理的な投資だ。


プロのモデルになる人は、


まず自分が本当に美しいと思うことからすべてが始まるという。


その意味では、自分お金持ちである気持ちを持つことは大事なのだ。


そのための投資と思えば高級時計も安いのだ。




hattamasaki-tokei.jpg

スポンサーサイト
金持ちとは | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

金持ちがゲンを担ぐ理由とは

2018.08.30(08:58)
ぼくの知り合いの中には、投資の世界に進んだ人も多い。


彼らのほとんどが、「エセ投資家」となってしまっている。


そのため大部分は失敗して市場からたたき出されてしまう。


もちろん投資案件で成功して大金持ちになった人はいる。


けれど人に知られることもなく、気づけば敗退していった人も多数存在しているのだ。


というよりも、投資の世界ではそうして失敗して消えていく人の方が多いのだ。


さて、投資世界のようなシビアな世界に生きていると、


勝負師としての力が試されることがよくわかるそうだ。


勝負師とは、つまり全力投球すること、準備を万全にすること、


限界までハードワークすること、などは当たり前のことだ。


この世界のほとんどのプレイヤーがそうしている。


だが、全員が全力投球しても、生き残るのはわずかの数である。


そうなってくると問題は、「運」というものが成功を左右するということだ。


この「運」なんていう不確定要素の大事さが、身にしみて分かるようになってくる。


これはまさに「ゲンを担ぐ」ってことだ。


投資の世界に足を突っ込んで成功するような人にはこのタイプが多い。




こういった理由は、金持ちと付き合っているとよくわかってくる。


hattamasaki2.jpg
今日はミーティング!

金持ちとは | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

金持ちは金儲けへの嗅覚が敏感

2018.08.29(08:35)
ぼくが金持ちの人と多く接してきて思ったことは


彼らは、常に「金儲け」に対してアンテナをはっているということ。


「誰彼が金儲けをした」なんて話があれば興味津々に追及していく。


金持ちはもう金を持っているので、金そのものに関心があるのではない。


その人が「どうやって儲けたのか」、「どんな仕組みや考え方があるのか」を知りたいのだ。


稼ぎに成功した相手の思考やビジョンについて自分と比較し、


自分の方が上だと思えばそれまでだが、


そうでなければ必死になってその手法を習得しようとする。


もしあなたが金持ちの人からビジネスモデルに関して


「それどんな仕組み?」なんて質問をされたときには、


相手は、あなたのやり方に対して強烈な興味を持っている。


そしてあなたのやり方は、金持ちの目から見て魅力的ということだ。


だが、金と縁のない人は、こうしたことに無関心。


誰かが大きな金を稼いだ、という事実に強い関心を抱くのみで



たいていの場合、彼らがもつのは嫉妬、うらみ、嘲笑の感情だ。




八田政樹
旧友たちと


金持ちとは | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ |
プロフィール

八田政樹

Author:八田政樹
1994年生まれの24歳。

一浪して明治大学法学部に入学するも

大学1年の時に20歳で

水商売(ホスト)の世界に飛び込み

歌舞伎町でのホスト生活がはじまる。

大学を中退して本格的に

歌舞伎町の大手ホストオーナーと顧問契約を交わし

独自のメソッドを使い最高月収800万を稼ぐ。

その後「こんな生活はもたない」と思い

水商売に終止符を打つ。

現在は都内でバーテンとしてひっそりと生きる。

夢はイタリアバールの自分のお店を持つこと。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。