FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

HACHI復活! HYOUTUBEにて動画アップしました!

2018.09.03(09:35)
こんにちわ。HACHIこと、月収800万ホスト 八田政樹です。


基本的に金持ちは、金持ちの仲間としか付き合わない傾向がある。だから金持ちには周りからどんどん価値のある情報が集まってくるのだ。あなたがリッチになりたいのなら、積極的にこの独占された特別情報にアプローチをして、ビジネスチャンスを広げなければならない。





LINE ID
@HattaHostMasaki




スポンサーサイト
動画 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

HACHI復活! HYOUTUBEにて動画アップしました!

2018.09.02(09:09)
HACHIこと、月収800万ホスト 八田政樹です。

世の中には「勝算があるかわからなければ、行動するのはムダだからやめるべき」なんて考える人が多い。
だが、「行動」なくして成功はない。あなたが行動した時点で既に半分成功しているのだ。
だから、ぐずぐず言わんと、やれ!




LINE ID
@HattaHostMasaki





動画 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

金持ちに見られたければ、時計を買え!

2018.09.01(09:58)
金持ちかどうかは別として、


「金持ちに観られるかどうか」は重要なビジネスチャンスを生む。


「稼いでいる感じ」はなんか胡散臭く感じるだろうか?


実際はそんなことはない。現実に目の前の人間が金持ちなのは


相手を信用する上でかなり大きなポイントになりうる。


であるならば、金持ちらしさには意味がある。


以前の記事で、金持ちは時計に金をかけると書いた。


それについてかなり反響があったのでもう一度復習しておきたい。


金持ちの人はやたら時計に金をかけているわけだが、


これは「金持ちは時計を見れば分かる」という問題なのではなく、


多くの人が(特に金持ちは)時計こそが


「相手が本当に金持ちなのか決める材料」なのだ。


靴はあまりその対象とならないの。それは目線が下にいくので


見にくいという理由と、ブランドの判別がすぐには難しいからだ。


高級時計をすれば金持ちに見られるのは普遍的な事実だ。


だから、金持ちに見られたければ、高い時計をすればよいのだ。


では極端な話だが、偽物でもOKということになるのだろうか。


それではあまり効果がないのではないか?とも思うだろう。


だが、金持ちたちの理由はそんなことではない。


時計をチェックした人にその理由を聞くとそうではないことがよくわかった。


「偽物はわかりますよ」 


「偽物をつけているというメンタルはその人を下げる」


まわりから金持ちに見られたいのであれば、


まず時計に金をかけるのは合理的な投資だ。


プロのモデルになる人は、


まず自分が本当に美しいと思うことからすべてが始まるという。


その意味では、自分お金持ちである気持ちを持つことは大事なのだ。


そのための投資と思えば高級時計も安いのだ。




hattamasaki-tokei.jpg

金持ちとは | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

成功する組織の動かし方

2018.08.31(08:59)
ビジネスとは組織だ。


つまり金持ちになりたければ組織で成功することを意味する。


もちろんフリーエージェントのように独立したプレイヤーもいるだろうが


結局彼らだってネットワーク構築を前提に自らのビジネスを成立させている。


では、組織とはそもそも何なのか。

八田政樹ホスト
組織とは?


現実に、組織を動かすのは「権威」である。


したがって組織のリーダーが権限を振るうことによって組織は回転する。


権限とは「人事と予算」の効果的な割り振りだ。


そのためにリーダーは、組織における合理的なマネジメントスキルが求められる。

 
けれど、ここで僕の経験をお話すると、


すべての組織がこうした合理主義で動いているわけではない。


特にホストの世界のような前近代的な組織では


ムラ社会的なメカニズムで統治が行われているともいえる。


要するに、ルールに基づく権限、というよりも「権威を持っていること」


自体がリーダーシップの源泉になるのだ。

 
これが暴力的な形をとると、いわゆる「ブラック企業」になるわけだ。


僕のいた組織はそこまでひどくはないが、


合理的な権限によらずにチームは動いていた。


こうした組織でリーダーシップを発揮したいとき、


ちょっとしたテクニックが必要となる。


たとえば、自分より上の立場にいる権威ある人物の威光を利用する、


大きな声、高圧的な姿勢を出して威圧的に振る舞う、など動物的なテクニックがモノを言う。


組織の中で成功(出世)しようということであれば、


その組織がどのようなメカニズムで動いているのか、


まずはじめに熟知する必要がある。



統治の仕組みを知ることが、生き残る術だ。



hattamasaki-cool2.jpg
あなたは勝てる!






リーダーシップ | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

金持ちは運やコネに恵まれているだけなのか?

2018.08.30(21:08)
おれはこんなに努力してるのに報われない。


おれにはツキがない。運があればなぁ・・・。


なんて思っている方も多いだろう。


たしかに金持ちになることができた人の中には


運だけで成功したなんて人も少なからずいる。


しかし、そんな金持ちを羨むだけのあなたがたも、


人生での成功において、いかに「運」という要素が重要であることを


深く認識できるようになれば、


運だけで成功した人を羨む気持ちはなくなってくる。

 
また、自分はこんなに頑張っているのに報われない、


なんて考え方もなくなってくるはずだ。


これはあたなが金持ちになるにあたってとても重要な価値観だ。


ビジネスにおいて、どんな世界であろうと、死ぬほど努力することは当たり前だ。


努力が報われることを望むのは、


まさに誰かに「雇われている」という従属的な感覚であり、


これは自分で金を稼ぎ出すという行為の正反対に位置している。


人間はどうしても運だけで成功した人を否定したくなるが、


こうした考え方は一種の現実逃避ともいえるのだ。


やはり現実は残酷であり、非情だ。


クソみたいな人間が、親のコネや運などで成功するなんてザラにある。


だがこの事実を受け入れ、その上でどうするのかを考えること。




ゲームで戦い抜くにあたって重要なマインドということを覚えておいてほしい。



hattamasaki.jpg
龍とpix
稼ぎたい人の心得 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

金持ちがゲンを担ぐ理由とは

2018.08.30(08:58)
ぼくの知り合いの中には、投資の世界に進んだ人も多い。


彼らのほとんどが、「エセ投資家」となってしまっている。


そのため大部分は失敗して市場からたたき出されてしまう。


もちろん投資案件で成功して大金持ちになった人はいる。


けれど人に知られることもなく、気づけば敗退していった人も多数存在しているのだ。


というよりも、投資の世界ではそうして失敗して消えていく人の方が多いのだ。


さて、投資世界のようなシビアな世界に生きていると、


勝負師としての力が試されることがよくわかるそうだ。


勝負師とは、つまり全力投球すること、準備を万全にすること、


限界までハードワークすること、などは当たり前のことだ。


この世界のほとんどのプレイヤーがそうしている。


だが、全員が全力投球しても、生き残るのはわずかの数である。


そうなってくると問題は、「運」というものが成功を左右するということだ。


この「運」なんていう不確定要素の大事さが、身にしみて分かるようになってくる。


これはまさに「ゲンを担ぐ」ってことだ。


投資の世界に足を突っ込んで成功するような人にはこのタイプが多い。




こういった理由は、金持ちと付き合っているとよくわかってくる。


hattamasaki2.jpg
今日はミーティング!

金持ちとは | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

金持ちは金儲けへの嗅覚が敏感

2018.08.29(08:35)
ぼくが金持ちの人と多く接してきて思ったことは


彼らは、常に「金儲け」に対してアンテナをはっているということ。


「誰彼が金儲けをした」なんて話があれば興味津々に追及していく。


金持ちはもう金を持っているので、金そのものに関心があるのではない。


その人が「どうやって儲けたのか」、「どんな仕組みや考え方があるのか」を知りたいのだ。


稼ぎに成功した相手の思考やビジョンについて自分と比較し、


自分の方が上だと思えばそれまでだが、


そうでなければ必死になってその手法を習得しようとする。


もしあなたが金持ちの人からビジネスモデルに関して


「それどんな仕組み?」なんて質問をされたときには、


相手は、あなたのやり方に対して強烈な興味を持っている。


そしてあなたのやり方は、金持ちの目から見て魅力的ということだ。


だが、金と縁のない人は、こうしたことに無関心。


誰かが大きな金を稼いだ、という事実に強い関心を抱くのみで



たいていの場合、彼らがもつのは嫉妬、うらみ、嘲笑の感情だ。




八田政樹
旧友たちと


金持ちとは | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

正しい金の使い方ってなんだろう。金持ちにとって消費とは何か?

2018.08.21(21:45)
では金持ちの「偏った金遣い」とか何なのか。


僕がこれまで接してきた金持ちの中には


とにかく散在する方々だっていた。


派手に消費することに人生をかけているような人たちだ。


なんでそんなに派手につかうんだ・・・なんてもったいなく思っていたものだが、


そこには意味があるのだ。


フェラーリを乗り回し、タワーマンションに住んで、


ブランド物を身にまとっている彼らであっても、


そこには彼らなりの理由があって消費をしている。
 

あるホストオーナーの方は、ニューヨークに高級マンションを所有している。


その方は、どんなに忙しくてもなんとか時間をやりくりして


月に一度は高級マンションがあるニューヨークに行くという。


成田では特別ラウンジで一服したあと、飛行機のファーストクラスに乗り、


多忙の毎日を忘れることにしているという。


その瞬間、「俺はなんて充実しているのだろう」と感じるそうだ。


ニューヨークに到着して自分のマンションから街並みを眺めると、


世界の中心にいるという気持ちが沸き起こり


さらにモチベーションが上がって仕事を頑張ろうという気になるという。


この方にとってニューヨークの住宅はリラックスして嫌な仕事を忘れるところなどではない。


最先端の街に来て、今まで以上に仕事をする気を起こしているのだ。 




つまり、金持ちにとっての「消費」とは「仕事への燃料」なのだ。




八田政樹
やっぱり今夜も、酒がガソリン!
独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

金持ちはケチなのか?それとも金を使うのか?

2018.08.20(15:28)
ぼくは職業柄、これまで多くの金持ちさんと接してきた。


そして思うに、彼らはみんな、「ケチ」だ。


これまで関わってきた多くの金持ちの人は無駄な金を使わなかった。


でもそれは、何でもかんでも出費を抑えているなんてことではない。


きちんと使うべきところには使っているのだ。


それはつまり、自分が使う必要がないと思うところには1円も払わない代わりに、


これは自分に必要だと思ったとことには何の迷いもなく大金を投じるということ。


要するに、


金持ちの人は「どこに金を使うべきか」という感覚が普通の人とは違うのだ。


そしてその部分を一般人が見ると「ドケチじゃん!」なんてことになってしまう。



八田政樹
酒には金を使ってしまう・・・


独り言 | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

自動車を捨てる、という選択

2018.08.16(20:02)
自動車を持つってけっこうなハイコストなのです。


とはいえ、そんなこと書いていながら、


ぼくは昔からクルマが大好き。


外車や高級スポーツカーを乗り回す夢を追いかけホストになりました・・・。


免許を取って以来、安い中古車でしたがずっとクルマに乗り続けました。


でも、都心部での生活中心の毎日には、自動車の保有をあきらめさせる理由が多くでてきます。


もちろん相当な心理的抵抗がありました。


コストを計算し、車を持たない方がずっと安く済むことがわかっているのに


なかなか自動車を手放すに至れなかったのです。


それほどまで自動車の魅力は大きい!


でも、多くの金持ち人と付き合ってきた経験からすれば、


もしあなたが都市部に住んでいるなど身動きが比較的簡単に取れる状態であるなら、


そして相応の小金持ちを目指したいのなら、


自動車の見直しをオススメします。


中心地に近い賃貸物件を探すこと、そしてクルマは手放すこと。


これはなぜか金持ちの共通点なのです。




DlHDkYGUYAEWgdP.jpg
酒だけは見直せない・・・
お金を貯める | トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

八田政樹

Author:八田政樹
1994年生まれの24歳。

一浪して明治大学法学部に入学するも

大学1年の時に20歳で

水商売(ホスト)の世界に飛び込み

歌舞伎町でのホスト生活がはじまる。

大学を中退して本格的に

歌舞伎町の大手ホストオーナーと顧問契約を交わし

独自のメソッドを使い最高月収800万を稼ぐ。

その後「こんな生活はもたない」と思い

水商売に終止符を打つ。

現在は都内でバーテンとしてひっそりと生きる。

夢はイタリアバールの自分のお店を持つこと。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。